必要な費用|長期の滞在ならマンスリーマンション|うってつけのサービス

長期の滞在ならマンスリーマンション|うってつけのサービス

必要な費用

イス

トータルコストを考える

東京の下町エリアで注目を集めている街の一つに、江東区の清澄白河があります。清澄白河は、美術館やギャラリーが点在する街として若者の間で人気を集めています。このエリアには賃貸物件が数多くあり、新しい住まいを借りる人も少なくありません。実家暮らしが長い人が賃貸住宅を借りようとすると、どのくらいの費用が必要なのか今一つ見当がつかない場合が多いです。中には毎月の家賃だけを考えている人もいますが、それだと思わぬ費用が発生して家計を圧迫してしまいます。賃貸住宅を借りる場合は、初期費用が必要であることをまず覚えておきましょう。代表的なものに敷金・礼金・仲介手数料があり、トータルコストとして家賃の約6カ月分は用意しておくと良いです。いっぺんにお金を用意できない場合は、少しずつ貯金をしておきましょう。

敷金・礼金・仲介手数料

江東区にある清澄白河には地下鉄が2路線乗り入れており、通勤通学に大変便利なエリアです。また清澄白河から少し歩けば門前仲町駅や森下駅も利用できるので、行動範囲が広がります。そのため清澄白河にある賃貸物件は常に注目されています。賃貸住宅を借りるときには色々なコストがかかります。例えば敷金は部屋を汚してしまったり、家賃を滞納したりした場合に充てられる費用で、目安は家賃の1〜3カ月といわれています。また礼金は部屋を貸してくれる大家に対して支払うもので、一般的には家賃の1〜2カ月かかります。更には仲介手数料といって賃貸物件を紹介する不動産会社に支払うお金があり、こちらは家賃の1カ月分が目安となります。その他にも前家賃や引っ越し代なども必要となり、思っている以上にコストがかります。賃貸住宅を借りるときには、全体のコストをしっかり考えた資金計画が大切です。