費用を後回しにできる|長期の滞在ならマンスリーマンション|うってつけのサービス

長期の滞在ならマンスリーマンション|うってつけのサービス

費用を後回しにできる

男性

保証分のお金がない

お金を借りるとき、担保を預けることで有利に利用できる場合があります。これは、返済ができなくても担保があるためにそこから返済してもらえるからです。何かを貸す契約をするときには、貸す側はリスクを減らすために保証金などを請求するのが一般的です。賃貸物件では保証金は敷金といわれます。入居時に必要ですが、退去時に精算をして戻してもらえます。敷金なしの物件の場合、この保証金がない状態になるので、保証分のお金を払っていない状態で利用することを知っておく必要があります。先にお金を払う必要はありませんが、その分退去時に原状回復費用などが必要になることがあります。お金を払うのは先よりも後の方が得なので、敷金なしの方が有利に利用できることには変わりありません。

自分で運用可能

賃貸物件を利用するとき、敷金が必要になります。賃料の3箇月分ぐらいを用意しないといけませんから、それなりの負担になります。保証金の役割があり、退去時には返金してもらえるお金です。お金を預ければ利息などが付いてもよさそうですが、利息などは受けられません。敷金なしの物件の場合、入居時に敷金分のお金が浮いた状態になるので、そのお金は自分で運用することができます。もちろん生活費などに使ったり、将来の賃料支払いに使うこともできます。ですから、入居が楽になります。一人暮らしだと何があって賃料が払えなくなるかわかりません。敷金なしによってお金を残すことができれば、その分余裕を持った生活が可能になります。賃料が高いと余計に実感することができます。